横浜で外構工事!フェンスのおしゃれな種類と特徴

庭で仲間や家族とすごそうと思っても、周囲の目が気になりリラックスできないことも多いです。特に横浜のような大きな都市ではなおさらです。そういうときでもフェンスで周囲を遮ることで周囲の目を気にせず、リラックスした時間を過ごすことが出来るようになります。まさにフェンスは視界を遮ってプライベートな空間を作るのに最適なものといえ、今では、おしゃれな庭には欠かせないものになっています。
現在ではいろいろな種類のフェンスがあり、使われている素材も、木製、竹製の物から鉄やアルミといった金属製のものまでさまざまな種類があります。そのなかでもおしゃれなものについていくつか見ていきたいと思います。

横浜にもピッタリのウッド、竹製、木目調フェンス

ウッドフェンスの特徴は、温かみがあり柔らかな印象の庭に仕上がるところです。また、木製は塗装の自然な色落ちがおこるので、自然な色落ちを楽しみたい人におすすめのフェンスです。花などの植物が多い庭や、自然を生かした庭の場合はウッドフェンスがよくあいます。木製のため耐久性に劣りますが、耐久性に優れた樹脂製やアルミ製の木目調のものあるので、こちらを利用するのも良いでしょう。樹脂製やアルミ製の木目調フェンスは本物の木と見違えるような見た目の製品も多く、自然の多い庭でも違和感なく使うことが出来ます。
板の間隔は比較的自由に変えることが出来る製品もあるので、開放度や自然な雰囲気にこだわるときは必ず、外構工事の前に目でチェックしてから設置するのがおすすめです。形状は、木や木目調のアルミが横方向に向っている製品もあれば、縦格子になっている目隠しフェンスもあるので目的に応じて庭によく合うものを選ぶことが重要です。
特に和の雰囲気を楽しみたい場合は、木製以外にも竹製や樹脂製の竹垣も設置可能です。
いずれにしても設置の仕方や板の間隔によって圧迫感が全く違ってくるので、外構工事の前に実際に目で確かめてみることがおすすめです。

横浜でスタイリッシュなアルミフェンス、スチールフェンス

機能美にこだわったフェンスの魅力は、横浜にもあうモダンでおしゃれな空間を作り出すことが出来るところです。素材はアルミなどの金属製の物から、コンクリート製の物までありいろいろな素材から選ぶことができ、光を取り込みたいときには半透明のポリカーボネートを使った製品を使用することで明るい光を取り込むことが出来ます。
アルミ製の製品は直線的なデザインであることが多く、周囲からの視界を遮ることにむいています。金属製の製品にはアルミのほかにも鉄製のものがあります。鉄で作られたスチールフェンスの良いところは、アルミ製の製品よりも強度があり衝撃に強く、耐久性も高いところです。比較的安価なところも良いところです。一方、デメリットはサビる可能性があるという点があげられます。
スチール(メッシュフェンス)には視界を遮る効果はほとんどないため、プライバシーを保つには向きませんが、風通しが良くフェンスの向こう側も良く見えるので境界部分に設置するには最適のフェンスです。視界を遮ることが目的ではなく、周囲との境界をはっきりさせたいときなどにピッタリだといえます。安価で強度があるため、このように目的がはっきりしている外構工事のときは、最適だと言えます。

横浜にあうポール状の目隠しフェンス、アイアン調フェンス

ポール状フェンスは、シンプルな構造のため作りやすいうえに、比較的安く作ることが出来るのが特徴です。外構工事でポール状の柱を何本か並べるだけでも、おしゃれな横浜にもピッタリなポール状の目隠しフェンスにすることができます。ポールの高さは自分の好きな高さにできるだけでなく、柱の高さに一本一本変化を持たせることで、よりおしゃれに仕上げることが可能で、使用している素材は自然素材の木製のほかにも、アルミや樹脂製の物でも外構工事が可能です。外構工事で自然の木を使用した場合には、自然な色落ちを楽しむことが出来るのも特徴です。
アイアンフェンスは長い歴史を持つ昔からある製品で、横浜の街並みにもとてもよくあいます。また、この製品は比較的加工がしやすいため、形状には様々なデザインがあり大変個性に富んでいます。この加工のしやすさがアイアンフェンスの特徴で繊細な製品、優雅でエレガントなもの、質実剛健なもの、アンティーク調の製品、モダンな製品にいたるまで、実に様々な形状があります。
一方、デメリットとしてはサビる可能性があるという点です。いずれにしても、洋風な庭や横浜の街にとてもよくあうフェンスです。

まとめ

フェンスと言っても、自分の家の庭が周囲から見えないようにして、プライベートな空間を作るためのものから、境界を明確にするためのものまでいろいろあります。
このため、実際に外構工事でフェンスを設置するときに失敗しないためにも、目的に応じて素材やフェンスを適切に選ぶことが大切になります。フェンスを設置するときには、設置したフェンスが庭の雰囲気に合っていることも大事ですが、同時に耐久性、コスト、目的などにあったピッタリのフェンスを設置することが大切です。外構工事の前に、こういったことをしっかりと話し合ってから納得いく外構工事をすることが大切です。

注目のホームページ
横浜でおしゃれな外構工事をしたい方必見!