川崎の注文住宅とおすすめのミステリー小説の話題になった

2016年12月13日

川崎で注文住宅を建てようと計画中です。
先日業者さんと川崎の注文住宅について話をしている時に、
おすすめのミステリー小説の話になりました。
相手の方もミステリー小説が好きでよく読むとのことで、話がだいぶ脱線してしまいました。
おすすめのミステリー小説としては、山口雅也の「生ける屍の死」があげられます。
ニューイングランドの片田舎で死者が次々とよみがえったという話です。
単調な話に感じるものの、ラスト100ページほどが素晴らしく、
全体的にユーモアが散りばめられ、ほどよいスパイスのきいている作品です。
作者は異常な状況設定を意識させることのないように、さりげなく読者を導いています。
死に対する考察も深く考えさせられる一冊といえます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です